歯周病は、歯とぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と
全身や生活習慣の問題から起こる病気です。
歯周病は骨の病気です。
骨は通常歯肉で隠れているので肉眼で見ることができません。
そのため検査にはX線診査が必要になります。ただし実際の
病巣は立体的な構造をしていますので、X線診査を補う歯周
ポケット診査や、歯の緩みを調べる歯の動揺度検査などが
必要になります。

歯周病~どのように進行するの?~

  • 記事見出しが入ります

    歯と歯ぐきの間にプラークがたまり
    歯ぐきが腫れ出血しやすくなっています

  • 記事見出しが入ります

    歯周ポケットが形成され歯石が深部まで付着し
    歯を支える骨を半分ぐらい失っています。

  • 記事見出しが入ります

    歯を支える骨がなくなってきて歯がぐらつき
    このまま放っておくと歯が抜けてしまいます

歯周病は良くなる?

歯肉炎~軽度の歯周炎

プラークと歯石の除去を行い、適切なブラッシングを行うことで
歯ぐきの腫れがとれて引き締まってきます

中等度歯周炎

歯石の除去を行い、歯間ブラシも使用し、歯ぐきの腫れをとり引き締めていきます。
外科的な手術が必要な場合があります

重度歯周炎

歯ぐきが赤く腫れぶよぶよし深い歯周ポケットに膿がたまっているので
軟らかい歯ブラシでていねいにブラッシングしています。
歯の隙間には歯間ブラシを使っています。
外科的な処置をしてもあまり劇的な改善が見られない場合があり、
重度にならないうちに手を打つことが大事です。